福原に神社を造りまくれ!

北野天満神社/兵庫県神戸市

信心深い清盛

清盛の信心深さは結構なもので、福原に遷都したときにも自ら信奉する神社を勧請、造営しています。それらを巡ってみましょう。

まずは後白河法皇お気に入りの熊野です。以前清盛は法皇のために法住寺殿に熊野神社を勧請したりしていましたね。
やはり熊野は外せまいということで、清盛は熊野神社を福原に創建しています。神社の本殿は、紀州熊野権現(ごんげん)と同じく南東方向を向いていることから「東向きの権現さん」と地元で呼ばれています。

熊野神社

熊野神社は清盛邸があった雪御所町から南西へ歩いて10分ほどの距離にあります。
そこから方角的にまっすぐ東へ600mほど行くと、頼盛の邸宅跡だった荒田八幡神社に辿りつきます。神社のある公園のすぐ南側には安徳天皇の菩提寺である宝地院(ほうちいん)もあります。安徳天皇の崩御より100年ほど経った弘安2年(1279年)に創建されました。

宝地院

つづいて、山手通りをどんどん東へ進み、北野の異人館街へと入ります。瀟洒な洋風建築が続く町並みの一角にあるのが北野天満神社(きたのてんまんじんじゃ)です。
こちらもやはり清盛が禁裏守護、鬼門鎮護の神として京都にある北野天満宮を勧請して祀った神社。

北野天満神社

正確には福原遷都に際して清盛の命を受けた大納言藤原邦綱(ふじわらのくにつな)が造営したものです。この北野天満神社が当地「北野」の名の由来になっています。神社の境内からは、神戸港や三宮の景色が一望できる恰好の眺望スポットです。

最後にさらに5kmほど東へ向かい、灘区に入ります。 阪急神戸線六甲駅から六甲山方面に坂を登り、住宅地の中にあるのが厳嶋神社です。

  • 厳嶋神社
  • 厳嶋神社
  • 福原遷都の際に布引の滝あたりで毎夜光る物体が出没します。清盛は部下の盛嗣(もりつぐ)に命じて退治。その正体は頭に珠を担ぐ大蛇でした。その首を神社の境内に埋め、上に大きな石を置きました。「福石」として今も残っています

厳島神社はこの他にも市内にいくつかあり、特に花隈厳島神社と兵庫厳島神社は清盛のゆかりの神社として今も信仰を集めています。

画像引用:宝地院様(http://www.kobe-houchiin.com/)
Rotatebot様(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8E%
E5%A4%A9%E6%BA%80%E7%A5%9E%E7%A4%BE)
神戸市灘区様(http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/nada/
miryoku/hyakusen/index.html)



  • より大きな地図で 北野天満神社 を表示
  • 北野天満神社
  • 住所 兵庫県神戸市中央区北野町3-12
  • 電話 078-221-2139
  • 開門時間 7時半~17時
  • 拝観料 無料
  • 交通 JR山陽新幹線、神戸市営地下鉄西神山手線、北神急行電鉄新神戸駅 徒歩15分
    JR神戸線三ノ宮駅 徒歩20分
    阪急神戸線三宮駅東出口 または阪神本線、神戸市営地下鉄西神山手線三宮駅東8番出口 徒歩20分


  • 次のゆかりの地を訪ねる
  • 時代順に見る

→ページトップへもどる

お問い合わせ・サイトのご利用条件・プライバシーポリシー・本サイトに掲載している写真について
Copyright(c)2012 平清盛ゆかりの地を訪ねる All Rights Reserved