清盛の初舞台は山の上

石清水八幡宮/京都府八幡市

日本三大八幡宮のひとつ

京都府と大阪府の境近くにある男山の頂上にある石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は貞観元年(859年)に空海の弟子であった南都大安寺の僧行教が宇佐神宮に参詣したとき神託を受けたことにより、翌年清和天皇の命により社殿を建立したのがはじまりです。

石清水八幡宮本殿

鎌倉時代の随筆「徒然草」においても「仁和寺にある法師」の話として登場するので、ご存じの人も多いと思われます。
その話とは、仁和寺の僧が石清水八幡宮へ参詣にでかけたところ、山の麓にある高良社や極楽寺などだけを参拝してこんなものかと会得します。他の人が石清水に行こうと山を登っていたのに、今いる寺社が石清水だと思い込んで山に登らず、そのまま帰ってしまったというオチ。「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」の締めは秀逸です。

仁和寺の僧侶をよそにしっかりと山を登って行った他の参詣者と同じく、本殿へと続く坂を登って行きましょう。ちなみに麓から山頂まではケーブルカーもあります。一ノ鳥居、二ノ鳥居をぬけ、表参道をひたすら上がっていくと三ノ鳥居があります。

三ノ鳥居

鳥居の奥に本殿が見えますね。三ノ鳥居を過ぎてすぐ、足元の石畳の1か所だけが異様に目立っている地点があります。参道の敷石からわずかに盛り上がった石は、横約90cm、縦約60cm。この石は「一個石(ひとついし)」と呼ばれ、お百度参りの起点になることから「お百度石」とも称されます。
元寇の時に国の行く末を案じた民衆が、こぞってこの石を起点にお百度参りをしたそうです。

  • 一個石
  • 一個石
  • 江戸時代以降は参詣の帰りにここで振り返り礼をする習わしになったのだとか。亀石の別称も

清盛の初舞台

一個石を過ぎて突き当たりまで進めば本殿です。京都の鬼門(北東)にある延暦寺と対峙して京都の裏鬼門(南西)を守護する神社ですから、本殿は立派なもの。

本殿

石清水八幡宮の臨時大祭で清盛は奉納神楽の舞人に選ばれ、舞を披露しています。このとき清盛は弱冠12歳。従五位下左兵衛佐に任じられたばかりのことでした。



  • より大きな地図で 石清水八幡宮 を表示
  • 石清水八幡宮
  • 住所 京都府八幡市八幡高坊30
  • 電話 075-981-3001
  • 開門時間 5時半~18時半(10月は6時~18時、11~3月は6時30半~18時)
  • 拝観料 無料
  • 交通 京阪本線八幡市駅 徒歩20分


  • 次のゆかりの地を訪ねる
  • 時代順に見る

→ページトップへもどる

お問い合わせ・サイトのご利用条件・プライバシーポリシー・本サイトに掲載している写真について
Copyright(c)2012 平清盛ゆかりの地を訪ねる All Rights Reserved