平治の乱と六波羅蜜寺

六波羅蜜寺/京都府京都市

保元の乱のあと

保元の乱で崇徳上皇軍に勝利を収め、実権を握った後白河天皇でしたが、今度は後白河天皇とその息子をとりまく環境に対立がおこります。後白河天皇の第一の側近は保元の乱でも采配を振るった信西(藤原通憲)です。

保元3年(1158年)後白河天皇の子、守仁親王を養子にしていた美福門院(びふくもんいん、=藤原得子)は親王の即位を信西に求めます。もともと後白河天皇の即位は守仁親王即位までの中継ぎとして実現したものでした。それゆえ信西も美福門院の要求を拒むことはできません。
これにて二条天皇が即位。後白河天皇は譲位し、上皇となります。

二条天皇の即位によって事態は解決、とはいかず、後白河上皇の取り巻きと二条天皇の取り巻きの間でさらににらみ合いが続きます。

藤原氏、朝廷系図

後白河上皇の近臣たちも

さらに後白河上皇の近臣たちの間でも対立が発生。上皇の片腕には信西のほかに藤原信頼(のぶより)という公卿もいたのです。
信西は上皇の側近ですが、元は鳥羽法皇の側近で敵対する美福門院とも強い関係を持っていたことから、いまひとつ信用できません。よって後白河上皇は信頼に対しより愛情を注ぎます。それはもう「あさましき程の寵愛あり」と言われるほど。

信頼は同時に源義朝(みなもとのよしとも)に接近します。院の軍馬を管理する厩別当(うまやのべっとう)に就任した信頼は、宮中の軍馬を管理する左馬頭(さまのかみ)だった義朝と同盟関係になります。

一方、信西は後白河上皇だけでなく、二条天皇側近の中に子供達を送り込んで権勢を振るうようになります。これが以前からの上皇近臣や、時流に乗って権勢を得ようとしていた藤原惟方(これかた)や経宗(つねむね)など二条天皇側近たちの反感を買います。その結果、上皇近臣と二条天皇側近の間で信西排斥の動きが生じるのでした。

平治の乱の勃発

平治元年(1159年)12月、清盛が熊野参詣に赴くと京の都に軍事的空白が生まれます。その隙を突いて反信西派はクーデターを起こしました。

平治の乱相関図

信頼と源義朝らの軍勢が院御所の三条東殿を襲撃。信頼らは後白河上皇らの身柄を確保すると、三条東殿に火を放ちました。山城国田原に逃れた信西は追撃を振り切ることもかなわず自害します。

  • 三条東殿遺址
  • 三条東殿遺址
  • 武士と火焔に攻めたてられた多数の官女が三条東殿の井戸に入って非業の死を遂げます

清盛は、この事変の報告を紀伊国で受けることになります。動転した清盛は九州へ落ち延びることも考えますが、京へ帰還。道中大鳥大社で戦勝祈願をしました。

内裏に二条天皇と後白河上皇を確保して政権を掌握した信頼ですが、それには大半の貴族が反感を抱きました。味方だったはずの二条天皇側近も義朝の武力を背景とした信頼の独断専行を見て、態度を変えます。

熊野から京に戻った清盛は信頼や源義朝との戦いの準備に入ります。信頼は当初、清盛が自分の味方になると考えていましたが大誤算でした。清盛に二条天皇を密かに内裏から奪われ、六波羅にある清盛邸へと匿われたのです(二条天皇の六波羅行幸)。

  • 平氏六波羅第址
  • 平氏六波羅第址
  • 清盛の祖父正盛が六道珍皇寺の領地を借り受け邸宅として以来清盛の時代には大集落を形成。清盛は六波羅入道大相国と呼ばれていました

後白河上皇も仁和寺へ隠れ、天皇上皇の脱出を知った後白河上皇近臣は激しく動揺します。義朝は信頼を「日本第一の不覚人」と罵倒したそうです。

平治の乱相関図

清盛の勝利

清盛は内裏が戦場となるのを防ぐために六波羅に敵を引き寄せる作戦を立てました。子の重盛(しげもり)と弟頼盛(よりもり)が出陣します。平氏軍は予定通り退却し、戦場は六波羅近辺へと移りました。この間に信頼は戦線を離脱、義朝は六条河原で敗退します。清盛側の完全勝利でした。

信頼は死刑、義朝も逃亡したものの処刑されました。捕えられた義朝の子で14歳の頼朝もやはり処刑されるはずでしたが、清盛の継母池禅尼の嘆願で助命され伊豆に配流されます。義朝の側室であった常盤御前(ときわごぜん)に至っては、その美貌ゆえに清盛が妾にしてしまうのです。当然常磐御前の子である義経も生き延びます。これが将来命取りになるともいざ知らず…。
ともあれ、これで上皇近臣派は壊滅となりました。

これで実権を握ったはずの惟方、経宗でしたが、後白河上皇に対する圧迫を強め、八条大路を見物していた上皇の視界を、材木を打ちつけて遮るという低レベルの嫌がらせをします。
上皇は怒り、清盛に経宗と惟方の逮捕を命じてしまうのでした。結局信西打倒に関わった者は、後白河上皇近臣派、二条天皇側近派を問わず政界から一掃されたのです。

平治の乱のあと、後白河上皇と二条天皇の対立もなくなり、双方で政治を執り行います。清盛はその経済、軍事力を背景に朝廷における武家の地位を確立して、永暦元年(1160年)正三位と参議に任命され、武士で初めて公卿の地位を手に入れます。こうしてじわじわと平氏政権を形成していくのでした。

戦場となった六波羅

平治の乱で戦場となった六波羅は清盛の邸宅のある地。現在でも平氏にまつわる地名が残っています。
池殿町(いけどのちょう)の名は清盛の弟、頼盛(よりもり)邸の通称である「池殿」から命名。門脇町(かどわきちょう)も弟である教盛(のりもり)の邸宅が六波羅の惣門の角にあったので「門脇宰相」と呼ばれたことによるものです。また三盛町(みつもりちょう)は清盛、頼盛、教盛の三兄弟からついたのだとか。

その六波羅にある寺が「六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)」です。

六波羅蜜寺

応和3年(963年)空也上人が開いた真言宗智山派の古刹で、空也上人像などの平安、鎌倉時代の優れた彫刻を多く有しています。こちらには清盛のゆかりもふたつあります。それは「清盛塚」と呼ばれる清盛の供養塔と清盛の坐像。六波羅との縁の深さを窺い知る貴重な文化財です。

平清盛公の塚
  • 平清盛公坐像
  • 平清盛公坐像
  • 経巻を手に平家一門の武運長久を祈願して、朱の中へ血を点じて写経する清盛



  • より大きな地図で 六波羅蜜寺 を表示
  • 六波羅蜜寺
  • 住所 京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81-1
  • 電話 075-561-6980
  • 開門時間 8時半~16時半受付
  • 拝観料 大人600円、大学生以下500円、小学生以下400円
  • 交通 京阪本線清水五条駅下車 徒歩7分


  • 現地の風情をお取り寄せで愉しむ
  • 豆富本舗の豆菓子
  • 京都駅からほど近い場所にある豆富本舗は、明治41年創業以来豆専門の菓子を作り続ける老舗店。代表商品「小町五色豆」は大正天皇の即位時に新しい京都の土産として売り出されて好評を博し、全国菓子大博覧会において最高賞の高松宮名誉総裁賞を受賞した名品。水掛けをし、徐々にやわらかくしてから煎りあげた青えんどうに上白糖を何回もまぶして作り上げます。水掛けから煎り、砂糖掛けまで一週間から10日間の手間暇をかけた手作りの逸品です。


  • 次のゆかりの地を訪ねる
  • 時代順に見る

→ページトップへもどる

お問い合わせ・サイトのご利用条件・プライバシーポリシー・本サイトに掲載している写真について
Copyright(c)2012 平清盛ゆかりの地を訪ねる All Rights Reserved