源平合戦編 最後の決戦!壇ノ浦の戦い

赤間神宮/山口県下関市

決戦は壇ノ浦

屋島の戦いで敗れた平家はもうひとつの拠点であった山口県下関市の彦島へ逃げのびます。彦島は蘆屋浦の戦いでも平家の拠点となっていました。
当然源氏軍も平家を追って西走し、彦島近くまでやってきます。義経は源範頼と合流し、来たる決戦に備えるのです。

そこへ駆けつけたのが熊野の別当である湛増(たんぞう)の200艘の水軍でした。総勢2,000名もの大軍の登場に平家は沸きたちますが、援軍かと思った湛増の水軍はなんと源氏軍に合流。平家の落胆は余りあるものだったでしょう。
さらに伊予の河野通信も150艘の水軍で登場。増える一方の源氏軍に対し、平家軍は早くも敗色濃厚な様相を呈してきました。

本州と九州の間に横たわる関門海峡。そこ壇ノ浦で両軍は向かい合います。(赤ピンの位置が壇ノ浦です)

余裕の風格を見せる源氏軍でしたが、ちょっとしたいさかいが発生します。屋島の戦いの直前に逆櫓論争を引き起こした義経と梶原景時が、またもつまらぬ口論を展開したのです。

景時が「先陣を切る役目をたまわりたい」と義経に申し出たところ、義経は「自分がいなければそうするけど、今回は無理」と回答しました。驚いた景時が「とんでもない。大将であられる殿がそんな真似をしてはいけません」と答えれば、義経は「それは違う、頼朝が大将であって、我が身はあなたたちと同じ身分だ」と返すのです。

そこまで言われると先陣の栄誉を得ることもできず、景時はつい「この男は人の上に立つ器ではないな」と本音をポロリ。怒った義経が抜刀しようとしますが、周囲にこんなときに内部で争ってる場合かと諌められて、ことなきを得ました。
前回の逆櫓論争と今回のいさかいは二人の間を決定的に不仲にしてしまい、これがのちの頼朝への讒言と義経の不運な結末につながっていきます。

みもすそ川公園

源氏軍は総勢830艘の船軍で、500艘の平家軍より優勢。双方は壇ノ浦の海上でぶつかります。潮の流れが早い関門海峡では海戦に長けた平家のほうが有利に働いたこともあり、序盤戦でこそ平家軍が源氏軍を押す展開となりましたが、それも束の間の話。
潮の流れが変わり源氏が押す展開に変化すると、勢いづいた源氏によって次々に平家軍の兵が倒れてゆきます。戦況の不利を悟った軍勢の中には平家方を裏切って源氏方につく者が続出しました。

平家の滅亡

そんな苦しい戦闘で深手を負って命からがら岸に泳ぎ着いた平家のひとりの武将。小さな湧き水を発見して飲んだところ真水だったのが、二口目を飲むと塩水に変化していたと言われる場所があります。壇ノ浦の海岸にあるそれは平家の一杯水と呼ばれ、現在は小さなほこらと鳥居が立っています。

平家の一杯水

勝敗は決定しました。もはや勝ち目はない、そう判断した平家軍の大将知盛(とももり・清盛の四男)は「見苦しいものは海へ捨てて、船を掃き清めなさい」と命じ、皆で戦闘中にもかかわらず清掃を始めるのです

日ごろから覚悟を決めていたのでしょう。ニ位尼(にいのあま・時子・清盛の妻)は三種の神器の神璽(勾玉)と宝剣(草薙剣)を身につけ、8歳の安徳天皇を抱き上げました。
そして船べりに立ち、「波の下に都があるので参りましょう」と念仏を唱えて安徳天皇とともに入水してしまいました。

その様子を目の当たりにした建礼門院(けんれいもんいん・徳子・清盛の娘、安徳天皇の母)もまた海に身を投げました。しかし、源氏軍の武将・渡辺昵(わたなべむつる) に救助されます。

三種の神器の残りひとつ、八咫鏡(やたのかがみ)は、清盛の五男・重衡(しげひら)の妻である大納言佐局(だいなごんのすけのつぼね・藤原輔子)が箱ごと海に投げ入れようとしましたが、武士に取り押さえられ未遂に終わります。
これはなんだと、武士が箱を開封しようとしたところ、なんと目が潰れ、鼻から出血。八咫鏡は天皇・摂政・関白以外の者が目にしてはならないものだったのです。

関門海峡

武将たちも覚悟を決めて次々に入水をはじめました。
教盛と経盛の兄弟は、手を取り合って鎧の上に碇を巻きつけて海へ。資盛、有盛兄弟と従弟の行盛の3人もともに海へ沈みました。

総大将である宗盛は命惜しさもあり、船べりでキョロキョロするばかりで覚悟を決めかねます。情けないと感じた部下の武士が宗盛を船から突き落とすというコメディのような行為に出ましたが、実は宗盛は水泳上手。海に沈まずばたばたと泳ぎまわっていたところをあっさりと源氏軍に捕えられてしまいました。

逆に武将魂を見せたのが教経(のりつね・清盛の弟である教盛の次男)でした。教経は一ノ谷の戦いで死亡したとの説もありますが、壇ノ浦の戦いで多くの武士を倒し、義経の船に乗り移って義経を討たんと追い掛けたとも言われています。しかし義経は身軽なもので、ひらりひらりと船から船へ飛び移りまんまと逃げてしまいます。(八艘飛び
それでも教経は逆に襲ってきた大男2人を両脇に抱えてもろとも道連れに海へ飛び込む暴れっぷりを見せたのです。

身内が次々と入水していくすべての光景を見届けた知盛もまた身を投げました。
こうして源平合戦は平氏の完敗で幕を閉じたのです。

壇ノ浦の戦いでの平家の戦死状況系図

壇ノ浦の海岸近くには合戦場を見下ろす位置に朱塗りの神社があります。安徳天皇を祀っている赤間神宮です。水天門は鮮やかな竜宮造りで「海の中にも都はある」という二位尼の願いを映したものとされています。

赤間神宮

画像引用:社団法人山口県観光連盟様(http://www.oidemase.or.jp/)



  • より大きな地図で 赤間神宮 を表示
  • 赤間神宮
  • 住所 山口県下関市阿弥陀寺町4-1
  • 電話 083-231-4138
  • 開門時間 境内自由、宝物館は9時~16時半
  • 拝観料 無料、宝物館は100円
  • 交通 JR山陽本線下関駅からサンデン交通バス9分 赤間神宮前下車すぐ


  • 時代順に見る

→ページトップへもどる

お問い合わせ・サイトのご利用条件・プライバシーポリシー・本サイトに掲載している写真について
Copyright(c)2012 平清盛ゆかりの地を訪ねる All Rights Reserved